契約から住宅完成までの流れ

① 建設用地 ご成約

弊社でご提案しているプランのボリューム(建設可能上限坪数)や総額資金にご納得頂いた上で、土地の売買契約を締結して頂きます。
※土地取得には、手付金が必要になります。
その他細かい詳細に関しては弊社専属スタッフが一貫して手配致します。
② 新築工事請負契約 ご成約

土地契約と同時に建物の工事請負契約を締結して頂きます。
おおよそのプランを決定してご納得の上で進めて参りますので、ご要望に添わない場合には、ご納得が頂けてから契約締結致します。
※請負契約には、契約金150万円が必要になります。(融資利用可能)
③ 設計プラン打合せ⇒建築確認申請

設計プランは、何度でも変更可能です。貴方だけのオンリープランを作成します。
間取りにご納得頂いた上で、いよいよ建築確認申請(3階建の場合は構造計算申請)へと進んで参ります。
※建築確認申請後はプランの変更が出来なくなります。
④ 内外装設備・仕様打合せ⇒仕様発注

外装の外壁・玄関タイル・玄関ドア・植栽…内装のキッチン・バス洗面・トイレ・床材・壁紙・内装ドア…等々、『1』から決定して頂きます。
選んで頂くのは、メーカーカタログから直接して頂き、最終的にはカットサンプル等を用いて決定して参ります。
⑤ 地盤調査・着工(地鎮祭)

弊社では、地盤保証を付加する為に、基本的に全物件に地盤調査を致しております。
同時に、土壌汚染調査(及び放射能計測)・浸水調査も併せて行います。
問題が無い事をご確認頂いた上で、基礎工事に着手致します。
※解体工事が必要な場合は、解体完了後に実施致します。
⑥ 基礎工事・配筋検査

基礎工事実施時には、基礎の鉄筋が適所に確実に配筋されているかを、第三者機構及び行政検査機関立会いのもと、検査致します。
合格した上で施工を続けますので、どのお客様にもご安心頂けます。
※梅雨時期・天候不良時・年末年始等は着工が遅れる場合があります。
⑦ 合計10回 100項目の社内検査

大工施工部分は、現場毎の施工技術にバラつきが生じない様、社内規定で100項目の木工事検査を実施致します。
その都度、合格をしながら施工を順次進めて参ります。
現地をご覧になって、ご不明な点が有れば、その都度ご説明も可能です。
⑧ 上棟・中間検査⇒中間報告会

上棟を迎えて、内装工事に入る時点で行政検査及び第三者機構の検査を受けます。
合格後、現場スタッフとお客様とで中間報告を行います。
最終的な施工期間(お引渡し日)についてもご報告出来る時期になり、施工も大詰めの状況になります。
⑨ 設備搬入設置・内装施工

ご指定頂いた設備を搬入及び設置していきます。
更にクロス及び内装部材を搬入・施工を行います。
ここまで完成した段階で最終のお引渡し日等のご報告も可能になってきます。
※引渡し日に関しては、天候・部材流通の関係で遅れる場合が有ります。
⑩ 完了検査・完成内覧会

各行政が行う建物完了検査を行います。
検査に合格後、お客様と弊社施工担当及び施工業者の3者立会いのもと、完成内覧会を行います。
この時点で発見された内装の汚損等は最終引渡し日までに手直し施工させて頂きます。
⑪ 外構・残工事(セットバック等)

家の顔でもある玄関エントランス部分の施工も丁寧に行う為に、内装用機材撤収後に行います。
ご希望に応じてオープン・クローズ/洋風・和風・コンテンポラリー等多彩な外構をご提案可能です!
※道路拡幅工事を関係行政機関が行う場合は足場解体後の施工になります。
⑫ 決済・お引渡し・最終確認

残金支払と同日に最終の内装チェックを行います。
当日マスターを含み全ての本キーと施工報告書・設備説明書・保証書・施工写真等全ての資料書類もお引渡し差し上げます。
⑬ お引越し・ご入居

いよいよ新居での新しい生活のスタートです!
弊社では、引渡し日に併せて引越し業者のご紹介・手配も承ります。
提携業者にて格安料金のご提案も致します。
※詳細は、担当スタッフへご相談下さい。
引越し後に発見された不具合に対しても即対応致します。
⑭ 行政報告・税金各種手続き

購入後の面倒な各行政への届出申請についてもお手伝い致します。
特に税金関係の申請等は、専門的な書類を要する為手続きにご不明な部分も多いかと思いますので、担当スタッフへお気軽にご相談願います。
⑮ アフターメンテナンス・最長20年保証

当然に10年間の瑕疵担保保証が付加された上でお引渡し致しますが、引渡し後の2ヶ月目・1年目の初期不良の対応の為に、訪問メンテナンスを実施致します。
充実のアフターメンテナンスをお気軽にご利用下さい。
尚、指定のメンテナンス実施の上で最長20年の瑕疵担保保証にも対応致します。